整体師になる方法

整体師とは

うつ伏せになる女性

整体師の仕事とは施術によって骨格のゆがみや筋肉の痛みの改善を目指す仕事です。整体師になるには国家資格は不要です。日本では憲法で職業選択の自由が保障されているので、整体師を名乗れば整体師になる事が可能になります。しかし、実際のところは他人の体の症状を改善する事で収入を得る仕事なので、最低限度の医療知識や経験が必要な職業になります。そこで信用される整体師になるには、民間の整体師の資格を取得したり、整体師の学校に通って技術や知識を学ぶことが必要です。また、整体院で働きながら技術を学び、夜間に学校に通う人もいます。整体院で働くことでしか得られない情報や知識や技術を学ぶことが出来るので、働きながら勉強ができる手段になります。生活のできる1人前の整体師になるには、国が定めた国家資格は不要ですが、技術や知識を学び、自分自身を研鑽する必要がある仕事です。

開業にあたっての注意点

開業して自分自身が理想とする事ができる整体師になるにはいくつかの注意点があります。それは、医事法など医療関連法に触れないようにすることです。整体師は医師ではないため医療行為として行うことは禁止されています。これにより具体的な病名を判断する事はできません。また、あん摩マッサージ師や柔道整復師などの国家資格保持者ではない場合はあん摩、指圧、マッサージ、整骨などの用語を用いてはいけない事になっています。更に、疑似医療行為によって患者に事故が起きてしまった場合は罪に問われてしまう可能性もあります。しかし、整体師だからこそできる事もたくさんあります。地域に根差してカウンセリングを綿密に行ったうえでの施術をしたり、痛みの緩和のために複数の方法を模索したりすることが出来ます。人気のある整体師になるには、法律を正しく認識し、患者の目線で一緒に健康のために全力で取り組み、自己研鑽を続けることが必要です。

国家試験の受験資格を得る

病院

医療関係の職業はほとんどが国家資格が必要です。この試験を受けるためには、養成所や専門学校で受験に必要な学習を、最低何年間かおこなわなければなりません。医療関係の職業に就きたいと願っている人は、医療専門学校に行く人が多くなっています。

詳細を確認する...

見直される東洋医療

鍼治療

鍼灸師は養成学校や盲学校で規定の年数学習を行って、国家試験に合格をした人に与えられる資格です。鍼灸師になればだれもが開業に夢を持ちますが、うまくいくケースは、一定の期間病院や診療所で修業をして固定患者を作り、開業にスライドしていったケースです。

詳細を確認する...

いつまでも健康な歯を

歯型

健康な歯でかむことができるように、歯に代わる技工物を作成する仕事を行っているのが歯科技工士です。歯科技工士は国家資格で、国家試験に合格しなければ仕事を行うことはできません。学校ではインプラントの歯根などの対応など、高度な学習を行っているところもあります。

詳細を確認する...