いつまでも健康な歯を|疲れを癒やす存在|整体師になるには知識と技術を身につけよう

いつまでも健康な歯を

美しさも大切

歯型

歯科技工士の仕事は、健康を損ねてしまった歯に代わるものを実際に作成したり、加工したりします。治療を行う歯科医師や歯科衛生士とともに、歯科に関係する医療スタッフの一員です。健康的に生活を営むためには、ものをおいしく食べられることが重要になってきます。歯の機能が正しく働かなければ、食べ物をうまく噛むことができませんし内臓の機能も損なうこともあります。そういうことから歯科技工士は、口の中の健康ばかりではなく体全体の健康をまもっていくうえで、重要な役割を果たしています。また単にうまく歯の技工物を作ればそれでよいというものではなく、見た目の美しさを機能とともに兼ね備えた技工物を作成することも、重要なことになってきます。

高度な技術が学べる学校

歯科技工士は、国家資格です。歯科技工物を作成するのは、歯科技工士と歯科医師だけに与えられている独占業務で、歯科技工所の開業は歯科技工士と歯科医師にしか許されてはいません。また一度資格を取得してしまえば、一生涯更新する必要がない永久資格でもあります。歯科技工士の受験資格はまず第一に高校を卒業していることと、それから国が指定する専門の養成所で、最低二年以上の修養を行わなければなりません。現在はインプラントという入れ歯に代わる治療方法もできてきています。より高度な技工技術を学んでいくために各学校では、人工歯根への対応や歯科技工士の教員の養成など高度な知識と技術も、学ぶことができる学校もできてきています。