見直される東洋医療|疲れを癒やす存在|整体師になるには知識と技術を身につけよう

見直される東洋医療

すぐ開業は無理

鍼治療

鍼灸師の職業に就くためには、免許が必要になってきます。身分法にさだめられた免許を受けなければなりません。この免許は視力障碍者では文部省認定の盲学校、健常者では厚生労働省認定の鍼灸専門学校または文部省の鍼灸大学で、規定の修業年数を経て卒業して国家試験に合格して、申請を行って初めて厚生大臣から免許が与えられます。鍼灸学校を卒業して鍼灸師の資格を取ったとしても、すぐに一人前の医療技術者として成り立っていくとは限りません。3年から4年間の卒業後の研修は当然のこととされています。卒業していきなり自営開業のコースを取る人はまれです。鍼灸学校を新しく卒業した人の多くは、研修の道を歩んでいきますがこの研修自体が全国共通の定形化したものはありません。病院や治療院ごとに独自のカリキュラムを組んで、行われています。

成功する秘訣

最近、鍼灸が現代医療の一環として再評価されるにつれて、一般の医療機関に導入されることが多くなって、鍼灸師の仕事の幅も広がってきています。多くの鍼灸師の目標は、開業して自営の道を歩むことにあるのは、今でも何ら変わりはありません。開業して経営が安定したケースは、病院や診療所に勤務しながら個人の固定患者を作って、その基盤を基にして開業へスライドしていった場合です。まったくのゼロから出発した時は、少なくとも3年くらいの赤字営業を覚悟の上で多くの困難を克服しなければなりません。治療は上手でもあまりはやらない鍼灸師がいることも事実です。人柄の要素を中心に鍼灸の治療技術、物理的な条件が絡み合って初めて開業が成功します。